自己紹介のページ!

自己紹介

ポンコツ親父の仕事

ポンコツ親父は型枠大工という仕事をしております。

型枠大工とは?

建築現場の基礎や鉄筋コンクリートの建物(学校や病院・マンション等)の型枠を加工して建てています。

現場はこんな感じ(参考写真)フリー素材をお借りしました。
写真の光景は(建物⁼マンション?)外壁と柱・梁が掛かっていますね。これから、梁で囲まれた四角いマスにスラブ(天井部分)を貼っていきます。










こんな建物も
(病院・学校・美術館・パーキング)etc


千葉県ではかなりのランドマーク的な建物も施工してまいりました。この他にもホテルやショッピングモール等々今、思えば30年近くものづくりの毎日でした。

最近では建築でも見える化が進んで

最近は、監督さん達もタブレットを持っていますね。
現場での図面の確認や写真撮影、作業手順等の確認にも便利ですよね。
現地で図面との違いがある時はその場で写真を撮ってメールで上司に送信して確認する。なんて事は当たり前の事です。

ポンコツ親父は昭和のアナログ野郎

IT音痴の私、ポンコツ親父もAutoCadでパソコンで作成した型枠のデータをその場でipadに送信して現場での変更などに即対応できるように、学習中‼

Ponkotsu father who is not good at IT is also learning to be able to respond to changes on site by sending and receiving construction drawing data created by AutoCAD by e-mail



Facebook


Twitter


Youtube

  

人気記事ポンコツ親父が最近、気付いたSNSの活用法