【成功 or 失敗?】結果がどうであろうと挑戦が商品になる時代⁈

コーチング

これからは挑戦がコンテンツになる時代‼

challeng201002_1.jpg 

【成功しても、失敗したとしても】挑戦】する姿が、商品になる?

こんにちは!【挑戦】する人を全力応援するプロコーチ‼ポンコツ親父です。

「YouTube・インスタ・TikTokなどのメディアで今後は【挑戦する姿】が商品になるという!」 「成功か失敗かは問題ではなくてだッ❕」 そして、その挑戦にはどのようなものがあるでしょうか?  「あなたは挑戦と聞いて、なにを思い浮かべますか?」 オイラは【未知なるものへの挑戦・大記録への挑戦・命がけの挑戦】どれをとっても「乗り越えることが困難で大半が失敗に終わりそうな気がする事だと思います。」

では何故?挑戦する姿がコンテンツになるのでしょうか?、チャレンジがウケるという理由を深堀してみました。

インフルエンサーでもある、マナブさんがラジオ配信の中でこんな事を話していました。

これからの時代はインフルエンサーがコミュニティを持つ時代になり、そして「挑戦=コンテンツ」になる。
こうなってくると、インフルエンサー視点では「なるべく挑戦し、なるべく失敗つつの前進」が最適解になり、つまり挑戦回数が増える。挑戦が増えると、結果として成功も増え、良いループです😌

マナブさんはブログ・YouTube・インスタなどのsnsで月収何千万円も稼ぐ引きこもりの青年です。

上記のようにマナブさんのお話しにも説得力がありますが、

オイラが納得できた理由もいくつかあります。

挑戦がコンテンツになる理由‼

challenge201002.jpg

挑戦成功「私にもでもできるかも‼」

あなたはこの中で「見てみたい!」とか「やってみよう!」とか思うものがありませんか?

  • 【驚愕ッ!】運動音痴のおデブだった私が3ヶ月○○○○に挑戦した結果‼
  • 金なし・コネなし・スキルなしの私が○○○に【挑戦】簡単に億を稼ぐことに成功したたった3つのルーティン
  • 「これはイケるッ‼」と思っていた事業に失敗⁈そんな私が這い上がれた【本当は誰でも簡単にできる3つの挑戦

上記のように、【挑戦】【失敗⇒成功】のプロセスを動画や音声での情報から取り入れて、自身の生活がより豊かになったり、 悩みの解決に繋がれば、コンテンツとして成立するのではないでしょうか?

あなたの【挑戦】を全力で応援します。

インスタ・TikTokなどで興味を煽る⁈

  • インスタ・TikTok等の短い動画配信が増えたことで挑戦をシリーズ化しやすい!
  • 失敗談を番組にしているTV局もあり個人の自伝的なコンテンツに人気がある!(しくじり先生等)
  • 挑戦の過程を見たり聞いたりする事で【成功】への新たな気付きやアイデアも生まれる!

【挑戦】する姿が商品になる根拠!

オイラが先日読んだ本にもこのような、例がありました。

若手社員を理解する『10の特性』

  1.  冒険や挑戦より穏やかで平穏な日々のルーティン
  2.  大好きなものは自分と家族と仲間
  3. 大事なことは自身の安心・安全・心地よさ
  4. 嫌いなことは不安、想定外、失敗、恥をかく、ムダなこと
  5. 想いは秘める
  6. 素直で優しくて真面目で不器用
  7. 欲がないわけではない
  8. プライドは高い
  9. 物事の判断基準は好きか嫌い
  10. デジタルネイティブ世代の日常
  11. ※引用:若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本 -40代管理職が知っておくべき若手社員との接し方

昨今の若者たちは合理的にものごとを捉える傾向がある!

上記のような特性からゆとり世代の若者たちは自ら挑戦せずにメディアからの情報で進路を選ぶ傾向があり

また、失敗を恐れるので、メディアで解決策を探しています。

お悩み相談カウンセリングやコンサルタントが流行るのも、頷けます。

時代の変化とともに我々の世代とは若者の視点も変わってきているので、【挑戦】する過程を安全な場所で見て学び、最短距離でかつ合理的な方法を用いて好きなことだけを選んで取り入れる。

まさに【現代っ子】ですよね?

あなたも挑戦をコンテンツに変えることで、これからは収益化【成功】できるのではないでしょうか?

我々、アナログ世代の経験からなる、【失敗談や成功の秘訣!過去の挑戦から得た学びなどをメディアとして配信することがわかものが求める成功への道しるべになるとオイラは思います。あなたも是非挑戦することをお勧めします‼

コーチングによる、目標の達成やマネジメントのブラッシュアップをお手伝いします。

これ以上損をしない!【人生をもっと得する】生き方

収益化【成功】の方法については次回の記事で詳しく解説しようと思います。

  

人気記事ポンコツ親父が最近、気付いたSNSの活用法