コーチングって?

コーチング

コーチング(コーチの資格を取得する)

コーチング(コーチの資格を取得する)

コーチングとは、

「クライアント(顧客)自身の目標達成や夢を叶えるために、クライアントを勇気付けじこじつげんを支援するコミュニケーションの技術」だと私は思います。

Coaching is defined as “a communication technique that encourages the subject to improve performance, raises awareness by asking questions, and promotes spontaneous behavior.”

今 私はコーチという仕事の資格を取得しようと勉強している最中です。欧米ではかなりメジャーな仕事らしいですね。ポンコツ親父は時代に乗り遅れてますね。(笑)コーチングはどんな人にでも有効に働きます。ビジネスでもスポーツでも教育の現場でも子育て中のお母さんにも有効です。(私はそう思う)

コーチングを学んでいるとなんでもできそうな気になるんです。新しい発見がゴロゴロ出ます。

Right now, I’m studying to get a job qualification as a coach. It seems to be a major job in Europe and America. Ponkotsu is behind the times. (LoL) Coaching works effectively for any person.

もっと沢山の人にコーチングを知ってほしい!

私はこのコーチングを沢山の人に知ってほしいと感じました。今現在、部下を持ち、仕事を進める、中間管理職の方や新人社会人の方・中小企業の経営者の方々
教育者を目指す方にはこれからは、必須項目になってくるだろうと思っています。これからの日本にはぜったいに必要不可欠なスキルだとおもいます。



コーチングの特徴

コーチング(Coaching)と聞くと、スポーツの分野などにおいて監督が選手を教え導く、すなわちティーチング(Teaching)をイメージされるかもしれません。しかし、コーチングとティーチングは異なる方法です。

一般にティーチングは、親・先生・管理職などの立場にある者が、子・生徒・部下などを豊かな知識や経験に基づき、目標達成へと導くための指導方法です。そのため、指示・命令型の答えを与えるコミュニケーションに陥る傾向があるようです。

一方、コーチングでは「答えを与える」のではなく「答えを創り出す」サポートを行います。 この考え方は「答えはその人の中にある」というコーチングの原則に基づいています。

コーチングでは「答え」について、「外から与えられた答えは情報」として、「自分の内にある答えを納得感」として位置付けており、 後者の自分の納得感を重視しています。
コーチングでは両者が結び付くことで「その人自身の答え」になると考えるとともに「答えを創り出す」ための基本としています。

このようにコーチングは「答えはその人の中にある」という原則のもと、 相手が状況に応じて自ら考え、行動した実感から学ぶことを支援し、 相手が本来持っている力や可能性を最大限に発揮できるようサポートするための コミュニケーション技術なのです。

将来の目標・夢を叶えるために

私がコーチングを学ぼうと思った理由は以前から今の若手社員達に伝えたかった事。

  • 何事も経験してほしい
  • 自ら考えて行動してほしい
  • 自信をもってほしい
  • 夢を叶えてほしい

しかしながら、「この事をどのようにして伝えようか?」 と思っていました。押し付けがましく教えるのではなく、本人が自ら気付き、行動して掴み取ってほしいと思っていたから、コーチングに出会ったときに直感しました。

・I want you to experience everything
・I want you to think and act for yourself
・Want to be confident
・I want you to make your dream come true

But how do you convey this? I thought. I didn’t want to teach me impulsively, but I wanted the person to be aware of it, to act, and to grab it, so I had an intuition when I encountered coaching.

  

人気記事ポンコツ親父が最近、気付いたSNSの活用法